ジャイロXに装着いろいろ
    2004年12月16日

8Jホイールセット装着編
お問い合せいただいていた方にご協力いただいて装着レポートをしていただき、又画像などは全てKHさんに頂きました。
8Jホイールスチールと18X9.5-8タイヤに8J用85mmアダブター装着リアサスノーマル状態
ノーマル時右タイヤをはずした状態 右ドラムの形状 右ドラムに85mmアダブターを装着 左ドラムに85mmアダブターを装着
左側タイヤ装着 良好 右側タイヤ装着 接触 ダクトのみ取り外し 接触 カバー取り外し 
カバーの加工を試みる 接触部だけをクリアランス確保出来るぐらいに加工する
と言う具合に工作していただきました。 ナンバーのサポートは接触するそうです。別の位置に変更が必要 現在走行迄には至っていません。又レポートしていただきます

アルミホイールなら加工の必要がありませんよ!
8Jアルミホイールセット編
8Jアルミホイールと18X9.5-8タイヤに8J用85mmアダブター装着リアサスノーマル状態
8Jホイールスチールと18X9.5-8タイヤに8J用85mmアダブター装着リアサスノーマル状態
のチョイスで装着 一番外側の四角のカバーを取り外しただけ
で干渉しなくなったところが②を装着した
時と違うところだ
こんな感じッ
おまけ
ピンクDE登場!お猿さん!私たちにもコレ着てキャノピーで走りに行こう!ってか青レンジャーに
緑レンジャーピンクレンジャー。ってか~勘弁してェ~許して貰う変わりにご希望通りHPに登場です。
店の前を通行く、ドライバーさんも笑ってたし、手まで振っていただいて良かったね。あぁ~!面白かったっ!

ジャイXにビッグキャブレター装着
左がジャイロXに付いていたベンチューリー右が勿論ビッグキャブのベンチュリー。この違いスゴ! 勿論確認したのは、リードバルブ、マニーホールド、キャブレターの3点です。
装着時の写真です。パワフィルも付けちゃおう!
チョコット、遠巻きからこんな感じ。
ジャイロX用、キットにて販売予定中。

ジャイロXにマフラー装着

エキパイを装着する。チョコット加工が必要だが付いた付いた キャノピーのマフラーを付けてみた。
ここも若干加工が必要であるが、付いちゃった
マフラーを付けたら後はテールエンドを付けるだけ。ほら、こんな感じ
ジャイロX用としてキット販売予定中!

リアサスアダブター&フロントアダブターを装着

リアサスアダブター&フロントアダブターを装着してみたゾ~
8Jアルミホイール85mmアダブターを装着後 リアサスアダブターを装着 リアサスアダブターを装着後はフロントにもアダブターは如何
フロント25mm&リアサスアダブター25mmを装着し乗車。 後からもこんな感じ
装着した物は:キャブレターキット、ボイセンリードバルブ、パワーフィルター、キャノピーEXパイプ、キタコキャノピーマフラー、85mmアダブター8Jアルミホイルセット、リアサスアダブター25mm、フロントサスアダブター25mm
インプレッション:入荷したての状態での走行性能は普通に50キロまで加速する車輌でした。キャブレターやマフラー装着後。D265装着時にきつくバンクすると擦れるとよくお聞きするのでリアサスアダブターを付けてみた。傾斜がやはりきつかったので早速フロントサスアダブターを造り取り付けてみた。写真のような姿勢になったこの状態で試乗することにした。ノーマルと比較するとキャノピーと同様加速もとっても気持ち良い。最高速度は50キロからまだ針が動き53キロを指示した。以降は動力制動のアップを図るため、取りあえずはノーマルの新品のベルトとウェイトローラーなどで調整していく予定。


Xにフェンダー装着!!

2003年1月18日

これで、雨の日も安心!


XにCDI装着!!


2003年1月24日

プログレスCDIとのマッチングがいまいちで加速もマックススピードも満足行きませんでした。そこで登場キタコ製パワーレブ。基本タイミングを再調整する事により一段とパワーアップ!現在このXは60キロ以上の指示はないが軽く60km/hを越え70km/hでてるか?でてへんか?と微妙なメーターの指示を確認している。益々パワーアップするXに乞うご期待!

Xに62ccエンジン完成!

2003年3月18日

もう、何個のエンジンを潰しただろう。完成一つ前のエンジン。ポートデザインを一カ所変更したために、パワーダウン!完成したエンジンは今Xに装着してある。 お役に立ちにくいストップウォッチとお役に立ってくれているデジタコ。スクリーンはデーターノートに早変わり このデジタコマックス回転メモリーがあるので走行中に前を向いてられるので凄く安全。左の写真の時は7560で2度目のテスト走行には7580回転をマーク一体何キロ出てるんだろう。


いろんなピストンを試しました。42φ43φ44φ。リムジンに乗せている43φブルメタに乗っているテスト用の44φ今回は60ccオーバーの62ccになる45φを使用。このピストンビンゴ!!ポートのデザインも3種類試したが、これ以上の物はないだろうと言うぐらいにパワーアップダントツの加速力、過去のエンジンは7000回転を越えることはなく今回の物はなんと7580回転を表示した!場所はいつもと同じコース烏丸上り60キロ、堀川上り62キロ、堀川下り驚きのメーター振り切り状態のウィンカーインジケーターの段に針がぶつかってそれ以上動かない状態!最高速度は今のところ何キロか解らない。

62ccエンジン販売に向けて実行中!にもかかわらず欲張りテストをしてみた。圧縮比を上げる為0.5削るウェイトローラーも同じで比較してみたが、瞬発力は良くなった、堀川の上り7000回転65キロ見当下り7140回転70キロ見当で最高速度が上りと下りで平均化した。逆に圧縮比を下げるためにガスケットを3枚入れテスト。加速時の回転の谷も発生せずに加速もとっても気持ちが良い。灯油を2本買い、ステップと荷台にくくりつける。体格の良い方を想定して、そのまま上りのテストなんなく気持ちよく上り、取りあえずは65キロマーク、下りはあっさり70キロマーク本テストは次回。それぞれの圧縮パターンでウェイトローラーのセッティングでもっと性能が上がるか楽しみだ



        


モトリペア紹介   /   特定商取引法に基づく表記  /  プライバシーポリシー  /   取扱車輌   /   取扱商品

〒602-0054京都府京都市上京区飛鳥井町249 TEL&FAX075-415-8608 モトリペア
平日PM2:00~PM9:00 日曜祝日PM6:00~PM9:00 不定休
Copyright(c) MOTO REPAIR. All Rights Reserved.